オーボエはどんな楽器なのか

初心者の方にはオーボエといわれてもどんな楽器なのかわからない人がいますが、チャルメラのような音が出る楽器といえばなんとなく想像が付きます。見た目が少しクラリネットと似ているようですが、吹くところが2枚のリードという物でできています。ダブルリードと言われてファゴットも同じ仲間です。2枚のリードを振動させて音を鳴らしています。すると優雅な白鳥のような音色を出すことができます。オーケストラではチューニングをする楽器ですよ。

魅力ある役目にはまってしまう

オーケストラをやっていると、次にやってみたい楽器としてあげるのなら、オーボエが人気があります。それは、とても優雅なフレーズを吹いたりしてとても目立つ楽器だからです。とてもきれいなメロディーを歌える楽器だから歌が好きな人にとっては楽しく吹ける楽器です。また音色にとてもつやがあって人を引き込む魅力があります。オーボエはオーケストラでは欠かせない楽器になっていて、ソロなど目立つ役割をしているから楽しく吹ける楽器ですよ。

オーボエは歌っている

オーボエは音をならすのがとても難しい楽器と言われます。それは小さな吹き口のリードで息をいっぱい入れても何か詰まっているかのように音をならせません。初心者の方が吹くとなかなか音がでなくて苦戦しています。しかし、コツをつかめばそれが楽しくなってきれいな音色と出すことができます。そしてチューニングでは自分の口で音をコントロールします。低い高いといって、管を抜いたりすることをしません。口で高さを合わせるので歌を歌っているような感じで楽器を吹きます。

オーボエとは、ダブルリード(複こう)で発音する楽器です。上管と下管、ベルの部分からなり、リードを差し込む部分は上管にあります。